住宅ローンの金利を安く抑えるには

住宅を購入する場合に多くの人が利用するのが住宅ローンです。銀行で借り入れを行うのですが銀行によってその金利は異なります。数社の銀行に事前審査を申し込みましたが、銀行によって金利が異なりました。会社が取引をしていたりといった銀行がある場合はそういった銀行を利用すると金利が下がる場合もあるようです。申し込みを行う人の職業によっても金利が変わる場合もあります。ローンを申し込んだ銀行に会社の給与振り込み銀行を指定するなど一定の条件を付けることで少し金利を抑えることが出来ました。また、変動金利にするとリスクが高いのである程度固定金利をすることでも将来的なリスクを抑えることもできます。変動のほうが将来的なリスクはありますが現在の金利は低いので変動金利を選択しました。ですからあまり景気が良くなりすぎると金利が上がるので景気の回復はある程度で落ち着いてほしいと願っています。またローンを申し込むことでその銀行のキャッシュカードを利用した場合振り込みや引き出し為の手数料が何度でも還元されるといった特典も付いています。

 


Leave a Reply